ホームカミングデー2017

平成29年11月12日(日)今出川キャンパスに於いて、「ホームカミングデー2017」が
開催され、静岡県支部より杉山支部長、阿部浜松クラブ会長ほか6名が参加しました。
「栄光館」での開会式に始まり、思い出深い明徳館地下食堂では下宿生を中心とした学生(この日は静岡県出身の女子学生2人)との「一日県人会」で歓談、良心館地下広場では来年8月に浜松で演奏会を企画中のグリークラブの心に残る演奏を暫し楽しみました。その後校内故にアルコール抜きの昼食会「卒業生交流レセプション」があり、全国から集まった校友が学生時代に思いを馳せながら、思い出話に花を咲かせました。午後からは、良心館地下1階の私たちが学んだ時代の教室からは想像ができないほどの素晴らしい造りの大教室で「校友会大懇親会」として「同志社と良心教育」の演題で八田英二総長の講演があり、これから同志社が進むべき道は幼稚園も含め他の大学にはない一貫した良心教育を
推し進めることが不可欠であることが話されました。次回の大懇親会は2019年初旬に国立京都国際会館での開催予定が報じられ、予定行事が終了し散会となりました。


好天に恵まれた今朝のキャンパス!


北海道・東北地方から送られた名産品を並べて!


静岡県出身の学生と和やかに歓談!


来年開催の静岡県でのコンサートを宜しく!


八田学長の「同志社と良心教育」に聞き入り!